DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2009年5月号

特集:不況期の戦略

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

PDF論文 12ページ [約2,225KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

PDF論文 17ページ [約2,719KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

PDF論文 10ページ [約1,475KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

PDF論文 14ページ [約2,179KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

PDF論文 18ページ [約2,972KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

わかっていながら、なぜ判断ミスを犯してしまうのか

不況期の論点

ロバート・スティーブ・キャプランハーバード・ビジネススクール 教授

デイビッド・P・ノートンパラディアム・グループ 創業者兼ディレクター

ジェフリー・M・スティーベル脳科学者 ウェブ・ドットコム 社長

ピーター・デルグロッソウェブ・ドットコム シニア・バイス・プレジデント

ビノッド・コースラコースラ・ベンチャーズ 創設者

イアン・ブレマーユーラシア・グループ 社長

マイケル・ヤズィジIMD 教授

マシュー・セバック・モンテフィオーレオリバー・ワイマン パートナー

ヌーノ・モンテイロオリバー・ワイマン コンサルタント

B・V・クリシュナムルティアライアンス・ビジネス・アカデミー ディレクター兼エグゼクティブ・バイス・プレジデント

タマラ・J・エリクソンエヌジェネラ・イノベーション・ネットワーク 社長

スチュワート・D・フリードマンペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

景気が悪化すると、従業員や各種コストの削減、新規事業の延期や中止、コア事業への集中など、ひたすら縮み志向へと走る。しかも、往々にして度が過ぎてしまい、手をつけてはならない領域にまでメスを入れ、本末転倒を招くことが多い。その結果、景気が回復した時には、不況をチャンスと見たライバル、水面下でイノベーションに取り組んだライバルに逆転されてしまう。ここでは、不況期に犯しがちな過ち、いまこそ改めるべき思考…

PDF論文 15ページ [約2,650KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

PDF論文 13ページ [約2,026KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

PDF論文 15ページ [約2,968KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

HBR Articles

PDF論文 14ページ [約2153.92KB]

PDFをカートに入れる

¥864(税込み)

OPINION

小さく考える能力

セオドア・ レビット

CHIEF OFFICERS

日本企業の強みを生かして経済回復期の大躍進の布石を

クリストファー・ アルバーニ

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2009年5月号

特集:不況期の戦略