石倉洋子の「New Globalistに学ぶグローバル人材の要件」

日本企業の最重要課題がグローバル化であるというならば、グローバル人材の育成が喫緊の課題であろう。これを量産できない限り、グローバル化は進展しない。だが一方で、若い世代から「新たなグローバル人材」が台頭し始めている。新しい視点で世界を見渡し活躍の場を広げる彼ら彼女らは、「グローバル」という既成概念をも書き換える。グローバル新世代は、キャリアをどのように築いたのか。仕事の流儀、発想、思想等々についての対談から、日本の企業経営の明日の道筋を探る。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6mWtYkdy&ai=a60a71ba8c6936
定期購読のご案内
メルマガのご案内
EIシリーズ最新刊『人を動かす力』
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

COGITANSアクセスランキング