「外資の眼」で組織を処方する―世界をリードできる日本の潜在力

バブル崩壊以降、日本企業はかつての活力を徐々に衰微させてきた。それぞれの分野で奮闘する企業もあるが、少なくとも相対的には世界におけるプレゼンスは低下している。なぜ、このような事態に立ち至ったのか。どうすれば、再び世界のトップグループに返り咲くことができるのか。P&G幹部として長年、外側から日本を見てきた会田秀和氏が、日本企業がグローバルで勝つためのアプローチを考察する。

DHBR2021年10月号『ステークホルダー資本主義 』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
EIシリーズ最新刊『人を動かす力』
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング