2003年9月号

複雑系の意思決定モデル

直観だけでは創発は起こらない

エリック・ボナボー :エコシステム 首席研究員

エリック・ボナボー

エコシステム 首席研究員

意思決定に個人の直観が果たす役割は大きい。しかし、それだけに頼るにはリスクは高い。限られた時間のなかで数多くの分析を可能とし、常に健全かつ合理的な選択を下すことを支援するのが科学的意思決定ツールである。エージェント・ベースト・モデル、人工進化、対話型進化、オープンエンド・サーチ等々は直観の弱点を補い、そのプロセスに直観を組み込むことで複雑性に対処し、従来の能力をはるかに超えて革新的な創発を可能とする。

エリック・ボナボーエコシステム 首席研究員

PDF論文:11ページ[約1,266KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2005年5月号

未来を読む

2005年のパワー・コンセプト(上)

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

ロデリック M. クラマー スタンフォード大学 経営大学院 教授

ジュリア・カービー ハーバード・ユニバーシティ・プレスのシニアエディター

ジョセフ L. バウワー ハーバード・ビジネススクール 教授

ジェフリー F. レイポート マーケットスペースネクスト マネージング・パートナー

エリック・ボナボー エコシステム 首席研究員

ロジャー L. マーチン トロント大学 ジョセフ L.ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 学長

キルシ・カルヤナム サンタクララ大学 教授

モンテ・ツィーベン ブルー・マティーニ・ソフトウエア 会長兼CEO

ロバート C. マートン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 特別教授

トーマス A. スチュアート HBR 編集長

モハンビール・ソーニー ノースウエスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない