2003年9月号

M&Aの真の目的は「優良顧客」の獲得にある

買収先の顧客収益性は健全か

ラリー・セルデン

ラリー・セルデン

コロンビア大学 ビジネススクール 名誉教授

ジェフリー・コルビン

ジェフリー・コルビン

『フォーチュン』誌 シニア・エディター

M&Aに対する誤った期待と見解がはびこっている。企業を買うということは顧客を買うことなのだ。M&Aを「顧客を通じて株主価値を創出する手段」として見れば悲惨な買収を未然に避け、有益な買収先を選ぶことができるだろう。そのためにはまず、顧客の収益性の分析から始めるべきである。

ラリー・セルデンコロンビア大学 ビジネススクール 名誉教授

ジェフリー・コルビン『フォーチュン』誌 シニア・エディター

PDF論文:12ページ[約1,062KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない