2003年10月号

ビジネス危機は予見できる

なぜ企業はこうも無防備なのか

マイケル D. ワトキンズ

マイケル D. ワトキンズ

ハーバード・ビジネススクール 准教授

マックス H. ベイザーマン

マックス H. ベイザーマン

ハーバード・ビジネススクール 教授

思慮深い経営者の手による明確な将来計画の下、健全に経営を進めているかに見える企業も、ある日突然、危機的な状況に見舞われ、その存続さえ危ぶまれる事態に追い込まれることがある。だがそれは、予測し、事前に覚悟しておくべき事態なのだ。危機を認識し、組織として注目し、実際に対応するという危機回避の 3ステップ、すなわち「RPMプロセス」によって、危機を予見し、未然に防ぐことができるようになる。

マイケル D. ワトキンズハーバード・ビジネススクール 准教授

マックス H. ベイザーマンハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,280KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない