2003年11月号

明日への指針(上)

【特別インタビュー】 新しい競争、ナレッジ・コミュニティ、自己分析

ピーター F. ドラッカー :クレアモント大学院大学 教授

ピーター F. ドラッカー

クレアモント大学院大学 教授

ドラッカーは、自分の仕事の一つは「経営者にお説教する」ことだと笑う。知識を身体化させるには、繰り返し説かなければならないからだ。情報が豊かになればなるほど、枝葉が繁り、幹は見えなくなってくる。そのためなのか、いまでもクレアモントにあるドラッカーの自宅には、彼を師と仰ぐ世界中の経営者から、相談の電話やファックスが絶えない。本インタビューでは、知識社会と知識労働者の近未来について、また二一世紀に携えておくべき「マネジメントの知恵と心得」について聞く。

ピーター F. ドラッカークレアモント大学院大学 教授

PDF論文:12ページ[約1,249KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない