2003年12月号

ティッピング・ポイント・リーダーシップ

NY市警の改革者に学ぶ

W. チャン・キム

W. チャン・キム

INSEAD 教授

レネ・モボルニュ

レネ・モボルニュ

INSEAD 教授

多くがルドルフ・ジュリアーニの功績と評しているが、だれあろう、ウィリアム・ブラットンこそ、ニューヨークを安全な街に変えた真のリーダーである。彼のリーダーシップ・スタイルは、人々のエネルギーを改革へと結集させ、ついには臨界点を超えさせるという「ティッピング・ポイント・リーダーシップ」である。多くの改革が道半ばにして頓挫するなか、ブラットンのアプローチに成功の方程式を探す。

W. チャン・キムINSEAD 教授

レネ・モボルニュINSEAD 教授

PDF論文:12ページ[約1,645KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない