2003年12月号

コア・グループ:組織を支配する見えない力

「増幅効果」をいかに活用できるか

アート・クレイナー :ダイアゴロス・リサーチ ディレクター

アート・クレイナー

ダイアゴロス・リサーチ ディレクター

あらゆる組織に目に見えない「コア・グループ」が存在する。よくも悪くも、この非公式な集団が組織の方向性を決定している。エンロン事件はコア・グループの負の影響力を端的に表した実例だ。ただしコインの裏表のごとく、正の影響力を行使する集団でもある。そして、このように機能している組織は多数存在している。いずれにしても、このコア・グループの「増幅」効果を理解し、それを踏まえたリーダーらしい言動を怠ることがなければ、組織は健全性や創造性を向上させることができる。

アート・クレイナーダイアゴロス・リサーチ ディレクター

PDF論文:10ページ[約1,714KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない