2003年12月号

リーダーの「心配り」が問われる時

組織に「癒しの力」を宿らせる

ジェーン E. ダットン

ジェーン E. ダットン

ミシガン大学 ビジネススクール 教授

ピーター J. フロスト

ピーター J. フロスト

ブリティッシュコロンビア大学 教授

モニカ C. ワーライン

モニカ C. ワーライン

エイモリー大学 ゴイズエタ・ビジネススクール 助教授

ジャコバ M. リリウス

ジャコバ M. リリウス

ミシガン大学 組織心理学部 博士課程

ジェイソン M. カノブ

ジェイソン M. カノブ

ミシガン大学 組織心理学部 博士課程

だれもが不幸や災難に見舞われる可能性がある。そして、このような精神的ダメージは職場全体に伝染しやすい。この時リーダーは、「意味の文脈」そして「行動の文脈」をつむぎながら、人々の間に「思いやりの輪」を広げていく必要がある。

ジェーン E. ダットンミシガン大学 ビジネススクール 教授

ピーター J. フロストブリティッシュコロンビア大学 教授

モニカ C. ワーラインエイモリー大学 ゴイズエタ・ビジネススクール 助教授

ジャコバ M. リリウスミシガン大学 組織心理学部 博士課程

ジェイソン M. カノブミシガン大学 組織心理学部 博士課程

PDF論文:10ページ[約1,566KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない