2003年12月号

自信と信頼なくして企業再生なし

「学習性無力感」を払拭する

ロザベス・モス・カンター :ハーバード・ビジネススクール 教授

ロザベス・モス・カンター

ハーバード・ビジネススクール 教授

ターンアラウンド(企業再生)の際、優れたリーダーとそうでないリーダーの差が生じる。前者は組織に「学習性無力感」という心の病を引き起こさないように、人々の自信を傷つけず、また壊れかかった信頼関係の復旧に努める。本稿では、ジレット、BBC、インベンシスの事例を中心に、企業再生のリーダーシップを改めて問う。

ロザベス・モス・カンターハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:14ページ[約1,090KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない