2003年12月号

失敗に寛容な組織をつくる

【2002年度マッキンゼー賞金賞論文】 エンゲージメント・リーダーの責任

リチャード・ファーソン

リチャード・ファーソン

ウェスタン行動科学研究所 共同創立者兼所長

ラルフ・キーズ

ラルフ・キーズ

コンサルタント

失敗の「重要性」に対する認識は、まだまだ組織に根づいていない。失敗に寛容な風土を生み出すリーダーの要件を分析する。

リチャード・ファーソンウェスタン行動科学研究所 共同創立者兼所長

ラルフ・キーズコンサルタント

PDF論文:12ページ[約1,699KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない