2004年1月号

価格シグナル戦略

顧客の信頼を勝ち取り、長期的な成長を導く

エリック・アンダーソン

エリック・アンダーソン

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・ビジネス 客員助教授

ダンカン・シミスター

ダンカン・シミスター

マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・ビジネス 准教授

「セール表示」「末尾が九の価格」「最低価格保証」「標識商品」といったものは、企業が消費者に発する「価格シグナル」の一つである。これらは一見ありふれたものだが、顧客の消費行動に与える実際の影響は想像以上のものがある。価格シグナルの力とそれを用いる場合の注意点について考察し、いかにして顧客の信頼を勝ち取り、長期的な関係を築いていくべきかを紹介する。

エリック・アンダーソンノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・ビジネス 客員助教授

ダンカン・シミスターマサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・ビジネス 准教授

PDF論文:10ページ[約747KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない