2004年2月号

企業が魅力的であるために

【特別インタビュー】 有望な若者の期待に応える

ピーター F. ドラッカー :クレアモント大学院大学 教授

ピーター F. ドラッカー

クレアモント大学院大学 教授

論文発表当時、アメリカでは政府機関や教育機関に人材が流れ、企業は優秀な若者を確保しにくい状況にあった。その原因をドラッカーは、企業が彼らのキャリアへの期待――やりがいと機会、知的かつ金銭的な見返り、社会的・倫理的リーダーシップ――を満たしていないためだとした。当時とは背景は異なるものの、優秀な人材が確保できないという嘆きは、近年よく話題に上る。優秀な人材にアピールする「企業の魅力」を考えるうえで現代にも示唆を与える論考だ。

ピーター F. ドラッカークレアモント大学院大学 教授

PDF論文:9ページ[約1,122KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない