2004年2月号

ニュー・エコノミーの真実

【特別インタビュー】 ITが原因ではなかった

ダイアナ・ファレル :マッキンゼー・グローバル・インスティテュート ディレクター

ダイアナ・ファレル

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート ディレクター

「ITがすべてを変える」と信じられた1990年代。いまやその神話こそ消え失せたとはいえ、90年代に何か大きな変化が起きたのは事実である。生産性の急上昇がこのことを如実に物語っている。ただしそれは、ITがもたらしたのではなく、競争の激化によることが判明した。熾烈な競争がイノベーションを生み出し、これがITと結合した時、生産性は飛躍的に上昇するのだ。このニュー・エコノミーのメカニズムを豊富なデータとケース・スタディを通して解説する。

ダイアナ・ファレルマッキンゼー・グローバル・インスティテュート ディレクター

PDF論文:12ページ[約1,601KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない