2004年3月号

中国脅威論の幻想

【特別インタビュー】 問題のすり替えにすぎない

ポール R. クルーグマン :プリンストン大学 教授

ポール R. クルーグマン

プリンストン大学 教授

中国を脅威と見る保護主義的な意見がまたぞろ登場している。たとえば「人民元の切り上げ」「変動相場制への移行」、やがては「雇用流出」「産業空洞化」の懸念が高じて、輸入規制や経済制裁といった極論まで登場するのではないか。これまでクルーグマンは経済の基本原理に照らしながら、このような杞憂や誤解を論理的に粉砕してきた。今回のインタビューでも、大げさな中国批判の多くが、自国の問題から人々の目をそらさせるためのスケープゴートであり、先のような「中国脅威論」は論理のすり替えにすぎないと言う。

ポール R. クルーグマンプリンストン大学 教授

PDF論文:7ページ[約905KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない