2004年3月号

なぜ中国戦略に失敗するのか

5つのパラドックス

澤田 泰志 :マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

澤田 泰志

マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

どうして中国戦略が思ったように進まないのか。適切な情報が足りないのか、スピードに問題があるのか――。日本の本社が焦れば焦るほど、中国戦略のあるべき姿は見えにくくなっている。本稿では、日本企業が陥りがちな「五つのパラドックス」を指摘する。他の経営課題と同じく、過去の経験や思い込みが目を曇らせているが、何より問題なのが「グローバル戦略の不在」である。優れたリーダーは一段高い目線で考える。中国の特異性に目を奪われていては成功はおぼつかない。

澤田 泰志マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない