2004年3月号

中国躍進企業のビジネスモデル

もはや「眠れる獅子」ではない

ミン・ゼン

ミン・ゼン

INSEADシンガポール校 助教授

ピーター J. ウィリアムソン

ピーター J. ウィリアムソン

INSEAD 准教授

海爾、TCL、聯想、華為など、中国発の国際企業の台頭が著しい。生産コストの低さ、旺盛な起業家精神を武器に、グローバル・ニッチを狙い、またたく間に成長を遂げた。しかし、いまだ中国企業を軽視する人は後を絶たない。まるで1980年代の日本企業の台頭を侮ったがごとく――。現在躍進中の中国企業、特に市営企業は、大きく四つの類型に分けられる。それらは中国ならではの発展形であり、今後強力なライバルとして立ちはだかる予感を与える存在である。

ミン・ゼンINSEADシンガポール校 助教授

ピーター J. ウィリアムソンINSEAD 准教授

PDF論文:11ページ[約1,903KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない