2004年4月号

三星:マーケティングROIの最大化

年間予算10億ドルの費用対効果

マルセル・コースジェンス

マルセル・コースジェンス

INSEAD 教授

ジェフリー・メリヒュー

ジェフリー・メリヒュー

アクセンチュア グローバル・マネージング・パートナー

マーケティング資源を最適配分し、その費用対効果を最大化するには科学的手法が不可欠である。三星は「ソニーに比肩し、そして凌駕するブランド力」を目指し、この難題に立ち向かった。本稿では、このチャレンジにみごと成功を収めた同社のマーケティングROIプログラムの道のりを紹介する。

マルセル・コースジェンスINSEAD 教授

ジェフリー・メリヒューアクセンチュア グローバル・マネージング・パートナー

PDF論文:9ページ[約748KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない