2004年4月号

経営者の真の仕事

効率と効果は違う

ピーター F. ドラッカー :クレアモント大学院大学 教授

ピーター F. ドラッカー

クレアモント大学院大学 教授

本稿は『創造する経営者』の一部となった論考である。ドラッカーはまず、経営者に課された第一の責任とは、現有の資源から最大の経済的成果を上げることだと指摘する。その実現に向けて、経営者の職務、また問題点と解決策について、基本となる原則を述べる。1963年の論考ではあるが、事業の選択と集中、正しいコストの把握方法、意思決定と実行など、いまなお我々が抱える課題に応える内容である。

ピーター F. ドラッカークレアモント大学院大学 教授

PDF論文:12ページ[約1,060KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない