2004年4月号

悪徳リーダーに学ぶもの

古今の文献から検証する

バーバラ・ケラーマン :ハーバード大学 パブリック・リーダーシップ・センター リサーチ・ディレクター

バーバラ・ケラーマン

ハーバード大学 パブリック・リーダーシップ・センター リサーチ・ディレクター

近年、リーダーは総じて優等生で善意の塊であるかのような論調が多いが、リーダーの肯定的な部分にばかり注目していてはリーダーシップの何たるかを知ることはできない。善と悪の両面を踏まえて、初めてリーダーシップの全体像がつかめるのではないだろうか。

バーバラ・ケラーマンハーバード大学 パブリック・リーダーシップ・センター リサーチ・ディレクター

PDF論文:9ページ[約1,195KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない