2004年4月号

リーダーシップの不条理

聖人君子が理想のリーダーとは限らない

マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリース :INSEAD 教授

マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリース

INSEAD 教授

ジャック・ウェルチやリチャード・ブランソンには強い母親と存在感の薄い父親の影が見られるという。CEOを精神分析することで、リーダーの要件、その能力の形成プロセス、さらには陥りやすい罠がわかる。リーダーはけっして体系的に育てられるものではなく、幼児期の経験、文化、成人後の人間関係など、さまざまな変数が影響し合う複雑なプロセスを伴う。マンフレッド F R.ケッツ・ド・ブリースは世界でも数少ない実業界を研究対象とする精神分析家で、またリーダーシップ研修やコーチングを提供している。

マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリースINSEAD 教授

PDF論文:12ページ[約1,221KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない