2004年5月号

成功パターンの展開力

コア事業の隣接領域を攻め落とす

クリス・ズーク

クリス・ズーク

ベイン・アンド・カンパニー ディレクター

ジェームス・アレン

ジェームス・アレン

ベイン・アンド・カンパニー ディレクター

新規事業の成功率は、一般に25%ほどだが、なかには50%、時に80%を超える企業もある。できる企業とできない企業の差はいったいどこにあるのか。実は、卓越した企業には成功パターンがある。コア事業を起点に、よく吟味された隣接領域に展開、参入の際は成功の方程式を繰り返し活用する。成功の方程式と実行スキルは、経験によって磨き上げられていく。こうした一連のプロセスによって組織力が高まり、成功が成功を呼び、ついにはライバルを大きく引き離すことができるようになるのだ。

クリス・ズークベイン・アンド・カンパニー ディレクター

ジェームス・アレンベイン・アンド・カンパニー ディレクター

PDF論文:10ページ[約1,605KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない