2004年5月号

アービトラージ戦略:比較優位の再発見

多様なる差異を活用せよ

パンカジュ・ゲマワット :ハーバード・ビジネススクール 教授

パンカジュ・ゲマワット

ハーバード・ビジネススクール 教授

これまでグローバル戦略において、世界各国に共通する領域では「規模の経済」を追求しうるが、かたや国家間の差異は極小化すべき障害であると考えられてきた。しかし、差異を利用したアービトラージ(裁定)もまた、競争優位をもたらす。各国における差異はすべてアービトラージの対象であり、「文化」「政治」「地理」「経済」に大別される。そもそも規模の経済とアービトラージの追求は相反するが、これらの手法を併用させることで、グローバル戦略を再構築できる。

パンカジュ・ゲマワットハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:12ページ[約2,331KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない