2004年5月号

キーストーン戦略:ビジネス生態系の掟

利己的な競争戦略の限界

マルコ・イアンシティ

マルコ・イアンシティ

ハーバード・ビジネススクール 教授

ロイ・レビーン

ロイ・レビーン

アルダロン プリンシパル

ウォルマートやマイクロソフトが大成功を収めていることに疑いの余地はない。しかしその理由は、巷間言われている、たとえば創業者のリーダーシップ、企業文化、技術力やサービスといった要因とは、どうやら異なるところにあるようだ。それは「ビジネス生態系を司る能力」にある。自然界の生態系には「キーストーン種」が存在し、これが生態系全体の盛衰を握っている。産業界にもまったく同様のことが当てはまる。ただし、利己的な独占者がビジネス生態系のキーストーン・プレーヤーになってしまうと、わが身ならず、生態系そのものが崩壊されてしまう。

マルコ・イアンシティハーバード・ビジネススクール 教授

ロイ・レビーンアルダロン プリンシパル

PDF論文:16ページ[約2,798KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない