2004年5月号

ハードボール戦略:あくなき勝利の追求

優等生的なマネジメントに成功はない

ジョージ・ストーク・ジュニア

ジョージ・ストーク・ジュニア

ボストン コンサルティング グループ シニアヴァイスプレジデント

ロブ・ラシュナウアー

ロブ・ラシュナウアー

ボストン コンサルティング グループ ヴァイスプレジデント

なぜトヨタやウォルマートが強いのか、それも長期にわたって――。ビジネスの世界はいまソフト化がますます進行しているが、実はこの傾向こそが、経営力、事業力を弱体化させている元凶である。むしろこのトレンドに逆らって硬派路線を貫いてきたのが、まさしくトヨタであり、ウォルマートなのだ。日本の野球には硬式と軟式があるが、これは戦略にも当てはまる。硬式の戦略、すなわち「ハードボール戦略」こそ、持続的成長と高収益体質を支えるものなのである。ハードボール・プレーヤーの戦略行動を検証しながら「強い企業」の秘密を探る。

ジョージ・ストーク・ジュニアボストン コンサルティング グループ シニアヴァイスプレジデント

ロブ・ラシュナウアーボストン コンサルティング グループ ヴァイスプレジデント

PDF論文:14ページ[約2,065KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない