2004年6月号

自由経済の競争力

世界経済の構造変化から分析する

ピーター F. ドラッカー :クレアモント大学院大学 教授

ピーター F. ドラッカー

クレアモント大学院大学 教授

1960年、アメリカはいわゆる「ドル危機」に見舞われ、ドルの価値への不信は世界経済に大きな影響を及ぼした。ドラッカーは、ドル危機に潜む世界経済の構造的変化を企業経営者が見落としているとし、企業には何よりも競争力が必要であると論じた。現在は経済のグローバル化が進み、企業のあり方にも大きな変化はあったが、保護貿易主義への警告、海外進出に求められる姿勢、選択と集中の視点、競争力は足下にあるという指摘など、いまにも生きる真理である。

ピーター F. ドラッカークレアモント大学院大学 教授

PDF論文:7ページ[約743KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない