2004年6月号

リーン生産方式でサービス企業は甦る

顧客満足と業績改善の実現

シンシア・カレン・スワンク :ジェファーソン・パイロット・フィナンシャル バイス・プレジデント

シンシア・カレン・スワンク

ジェファーソン・パイロット・フィナンシャル バイス・プレジデント

「リーン生産方式」は製造業のプロセスを大きく変えたが、本稿では、このコンセプトをサービス企業に応用した事例を紹介する。保険会社のジェファーソン・パイロット・フィナンシャルはコスト増とニッチ企業の攻勢に悩んでいた。そこで、サービスの向上とコスト削減に取り組むうえでリーン生産方式に注目し、まず一つの部門に導入、さらに全社に広げた。その結果、売上げ増や処理時間の短縮のみならず、社員たちの意識と行動の変革にも大きな成果を上げた。サービス業におけるリーン方式の取り組み方について述べる。

シンシア・カレン・スワンクジェファーソン・パイロット・フィナンシャル バイス・プレジデント

PDF論文:10ページ[約1,499KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない