2004年7月号

公正価値でストック・オプションを評価する

やはり費用計上は必然である

ロバート S. キャプラン

ロバート S. キャプラン

ハーバード・ビジネススクール 教授

クリシュナ G. パレプ

クリシュナ G. パレプ

ハーバード・ビジネススクール 教授

まだ反対の声はかまびすしいが、ストック・オプションを費用計上することは、論理的にも現実的にも広く採用されるべきだ。ここで紹介する会計処理方法を用いれば、ストック・オプションの見積もり価値に、社員へのインセンティブとオプション付与後の株価の動きの両方を反映できる。

ロバート S. キャプランハーバード・ビジネススクール 教授

クリシュナ G. パレプハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:8ページ[約1,203KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない