2004年9月号

戦略フィットネス・プロセス

「率直な対話」が組織の真実をあぶり出す

マイケル・ビアー

マイケル・ビアー

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ラッセル A. アイゼンスタット

ラッセル A. アイゼンスタット

センター・フォー・オーガニゼーショナル・フィットネス 所長

社員が語る戦略にまつわる議論は往々にして私語であり、トップ・マネジメントの耳にはなかなか届かない。新しい戦略をスタート地点で頓挫させないためには、組織全体を巻き込んだ「率直な対話」が不可欠である。本稿では「戦略フィットネス・プロセス」を通して、社員たちが語る組織の「ありのままの事実」を追求する方法を提唱する。

マイケル・ビアーハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ラッセル A. アイゼンスタットセンター・フォー・オーガニゼーショナル・フィットネス 所長

PDF論文:12ページ[約1,746KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない