2004年9月号

トヨタ生産方式はこうして再現される

あるアメリカ人社員の研修プログラム

スティーブン J. スピア :ハーバード・ビジネススクール 助教授

スティーブン J. スピア

ハーバード・ビジネススクール 助教授

トヨタは着実な成長を続けている。この成長を支えるトヨタ生産方式はいまなお世界の注目を集め、これを学ぼうという各社はその研究や分析に余念がない。しかし、これを完璧に再現できた組織が存在しないのはなぜだろうか。トヨタ生産方式の「遺伝子」は解読できたかもしれないがそれを忠実に複製することはほぼ不可能に近い。本稿では、中途入社のエリート社員の研修をたどりながらトヨタ生産方式を習得するための原理と方法を探る。

スティーブン J. スピアハーバード・ビジネススクール 助教授

PDF論文:14ページ[約728KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない