2004年10月号

構想力〈上〉

【連載第三回】 ビジネス・プロフェッショナルの条件 先見性を生かす力

大前 研一 :ビジネス・ブレークスルー 代表取締役

大前 研一

ビジネス・ブレークスルー 代表取締役

いかに先見力が優れていようとも、アイデアを事業として構想し、最速かつ最善の方法によって具現化できなければ21世紀のサバイバル・ゲームを制することはできない。成功の条件は日々、変化している。先見と構想のサイクルを回し続けることでアイデアはタイミングよく実現可能となる。複眼的視点も要求されよう。世界には、7億人の消費者を擁する「一つの大市場」が存在するのである。

大前 研一ビジネス・ブレークスルー 代表取締役

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない