aluxum/Getty Images

企業がESG(環境、社会、ガバナンス)に積極的に取り組む姿勢を見せる一方、「持続可能な未来の選択」と「ビジネスの成長と利益の実現」は両立できないと考えるビジネスリーダーも少なくない。ESG関連支出は投資ではなく、単なるコストと見なされているのだ。さまざま研究結果から、ESG重視が長期的利益をもたらすことが示されているにもかかわらず、その取り組みが期待通りの利益につながらないと感じてしまうのはなぜか。本稿では、ビジネスや未来への投資を躊躇させる5つの思考の壁を論じる。


 ESG(環境、社会、ガバナンス)投資ファンドに、過去2年間で1兆ドルを超える資金が流入している中、サステナビリティ(持続可能性)が事業にもたらす価値を誰もが明確に理解していると思いがちだ。

 しかし、多くのビジネスリーダーは依然として、より持続可能な未来を選択することと、ビジネスの成長と利益を実現することは、本質的に両立できないと考えている。

 エネルギー消費量を削減するための資本的支出、再生可能エネルギーの選択、生活賃金の支払いといったESG関連支出を、投資ではなく単なるコストと見なしているのだ。CEOはITや研修、新工場、R&Dには抵抗なく資金を投じるが、ビジネスや人類の未来への投資には躊躇する。

 だが、そこで躊躇してはならない。たとえば、クリーンエネルギーはコストが高いという懸念は、完全に時代遅れだ。より広範に言えば、ますます多くの研究が、長期的価値とESGを重視することで利益がもたらされることを証明している。

 ESG評価機関NGOのジャスト・キャピタルは、シェアホルダー(株主)だけでなく、さまざまなステークホルダー(利害関係者)を優先する企業のリスト「ジャスト 100」を作成している。これらの企業は実際に、市場で優れた業績を上げているのだ。

 世界がESGにシフトすることを歓迎する企業は、飛躍を遂げる可能性があることも明らかになっている。クリーンエネルギー、電気自動車や自動運転車、プラントベースプロテイン(植物由来のタンパク質)、プレジジョンアグリカルチャー(精密農業)、AI(人工知能)主導の効率化技術など、さまざまな分野で数兆ドル規模の市場が生まれつつある。

 にもかかわらず、ビジネスの世界ではなぜ、多くの人々がいまもサステナビリティは「期待通りの利益につながらない」と感じているのだろうか。

 その理由のほとんどは、意思決定に関する5つの大きな問題に起因する。