ポッドキャスト番組「DHBR Fireside Chat」

Artwork by Ulzanna/iStock.com
Audio by alanay, soundflower, epicstock, Aleksandar Maric © 123RF.com


『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』がお送りするポッドキャストプログラム「DHBR Fireside Chat」。第10回のゲストは、経営者の北川拓也さんです。北川さんは、ハーバード大学で理論物理の研究を行い、楽天においてデータ・AI分野の戦略立案や組織開発の中核を担ってきました。現在は、公益財団法人Well-being for Planet Earth 理事として、ウェルビーイングの社会実装について新たな事業の構想を深めています。北川さんは、自身でも想像できないような選択をし、自分自身を観測し続けることで成長してきたといいます。楽天常務という強い立場を捨てて弱い立場の自分を選んだ、北川さんの「進化理論」に耳を傾けます。

第10回「弱い立場の自分でいるほうが進化できる」経営者・北川拓也さん

【ゲスト】

Well-being for Planet Earth 理事
北川拓也さん

【プロフィール】

Takuya Kitagawa
経営者、Well-being for planet earth財団の共同創設者、理事。元楽天常務執行役員、CDO(チーフ・データ・オフィサー)としてグループ全体のAI・データ戦略の構築と実行、楽天技術研究所の運営を担当し、日本を含む、アメリカやインド、フランス、シンガポールを含む海外5拠点の組織を統括した。過去に物性物理の理論物理学者として、非平衡のトポロジカル相の導出理論を提案し、『Science』などの学術雑誌へ20本以上の論文を発表。トポロジカル物質の産業化を目指したトポロジック社を共同創業している。ハーバード大学数学・物理学専攻、同大学院物理学科博士課程修了。

【内容】

0:00 オープニングトーク
2:36 量子力学入門
8:13 理論物理学者としての功績
13:47 理論が生まれる瞬間
18:07 コネクティング・ザ・ドッツ
22:52 ネットワーク理論に惹かれる
26:56 リンクトインではなく楽天を選ぶ
29:01 入社1日目に起きたこと
30:53 すぐに謝ればいいじゃないか
35:14 こだわりが唯一無二の価値を生む
39:33 大義名分か、目の前の人の喜びか
43:47 ウェルビーイングとは何か
47:51 弱い自分のほうが進化できる
50:47 三木谷さんへの感謝の念
57:12 アフタートーク:主観の大切さ

【過去のDHBRインタビュー記事】

「データとAIの力でウェルビーイングな社会を実現する」(DHBR 2021年9月号)

「データの力で隠れた価値を見つけ、形にする」(DHBR 2019年6月号)

「データは人の心を動かせるのか」(DHBR 2016年6月号)

【配信中プラットフォーム】
下記のプラットフォームでもご視聴いただけます。
Apple Podcasts
Spotify