2004年10月号

スター・プレーヤーの中途採用は危険である

金融アナリスト1052人への調査が明かす

ボリス・グロイスバーグ

ボリス・グロイスバーグ

ハーバード・ビジネススクール 助教授

アシシュ・ナンダ

アシシュ・ナンダ

ハーバード・ビジネススクール 准教授

ニティン・ノーリア

ニティン・ノーリア

ハーバード・ビジネススクール 教授

日本でも人材市場の流動性が高まりつつある。同時に、優秀な人材を求める傾向も年々強まっている。しかし、本稿はこのような一般的な常識に異を唱える。スター・プレーヤーは転職すると、かつてほどには高いパフォーマンスを上げられないというのである。「生え抜きのスター・プレーヤー」を育てる努力こそ、持続的成長を実現するための条件といえそうだ。

ボリス・グロイスバーグハーバード・ビジネススクール 助教授

アシシュ・ナンダハーバード・ビジネススクール 准教授

ニティン・ノーリアハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:14ページ[約2,153KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない