2004年10月号

ストーリーテリングの力

人々の想像を刺激する

スティーブン・デニング :前世界銀行 プログラム・ディレクター

スティーブン・デニング

前世界銀行 プログラム・ディレクター

古くからある「ストーリーテリング」という手法は、聞き手に自問自答を促し、行動を起こさせるきっかけを与える。ただし、子細に言及し、臨場感あふれる物語が有効とは限らない。むしろ聞き手がマネジャーやビジネスマンの場合には、ディテールを最小限にとどめたシンプルな物語のほうが奏功する。また、常に前向きな物語が望ましいわけではなく、状況に応じて、後ろ向きの物語を利用したり、組み合わせたりすべきだ。ビジネスの世界でも、ストーリーテリングはきわめて有効であり、事実の分析や論理的なプロセスが最善とはいえないのだ。

スティーブン・デニング前世界銀行 プログラム・ディレクター

PDF論文:12ページ[約1,386KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない