2022年6月号

アジャイルな働き方でパーパス型組織に転換する

行動と成果につなげる4つのアプローチ

ダレル・リグビー

ダレル・リグビー

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのボストンオフィスを拠点とするパートナー。グローバル・イノベーション・プラクティスの責任者を務める。著書にWinning in Turbulence, Harvard Business Review Press, 2009.(未訳)がある。

サラ・エルク

サラ・エルク

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのシカゴオフィスを拠点とするパートナー。グローバル・オペレーティングモデル・プラクティスの責任者を務める。

スティーブ・ベレズ

スティーブ・ベレズ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのボストンオフィスを拠点とするパートナー。エンタープライズ・テクノロジー・プラクティスの設立者である。

企業は、パーパス主導型組織の構築が、退職者の急増という問題を解決したり、社会的不平等や環境破壊への懸念を解消したりすることを理解している。しかし、パーパス主導型にどうすれば転換できるか、その方法を知る経営幹部は少ない。パーパスに関する議論を実際の行動と成果につなげるためには、アジャイルな働き方が効果を発揮する。本稿ではそれを実現する具体的な取り組みを4つ提示する。
PDF論文:4ページ[約664KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない