2022年5月号

リーダーシップの転換点:部下の管理監督から成長支援へ

マネジャーの役割はどう変わるか

ダイアン・ガーソン

ダイアン・ガーソン

元 IBM 最高人事責任者

ハーバード・ビジネス・スクール上級講師。経営管理論を担当。

リンダ・グラットン

リンダ・グラットン

ロンドン・ビジネススクール 教授

マネジメントプラクティスを担当。働き方の未来に関するリサーチコンサルティング会社、HSMアドバイザリーの創設者。

この1世紀、マネジメントの手法は、ピラミッド型の組織階層を前提にしたものだった。かつては、このやり方が理にかなっていた。業務は順を追って進み、複数の部署にまたがる仕事はほとんどなく、業務内容が流動的に変わることもなく、社員は職場に出勤して仕事をするのが当たり前で、情報は組織階層の上から下へ流れていたからだ。しかし時代は変わり、現代の仕事はデジタル化を背景に、アジリティ、イノベーション、即応力、スピード、人的つながりが重要になった。本稿では、マネジャーの役割を旧来のまま放置するのではなく、あるべき姿を定義し直し、さらにはその職務を分割することを提唱する。そのうえで、権力、スキル、組織構造をシフトさせる必要について説く。
PDF論文:14ページ[約1,854KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない