2022年5月号

リーダーシップを問い直す:逆説的な期待に応える4つのアプローチ

ビジョナリーであり、実務家であれ

ポール・レインワンド

ポール・レインワンド

Strategy& グローバルマネージングディレクター

PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&で、ケイパビリティに基づく戦略と成長を束ねるグローバルマネージングディレクター。PwC米国のプリンシパルおよびノースウェスタン大学ケロッグスクール・オブ・マネジメントで戦略論を担当する非常勤教授も務めている。共著にBeyond Digital: How Great Leaders Transform Their Organizations and Shape the Future, Harvard Business Review Press, 2021.(未訳)、Strategy That Works: How Winning Companies Close the Strategy-to-Execution Gap, Harvard Business Review Press, 2016.(邦訳『なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか』ダイヤモンド社、2016年)などがある。

マハデバ・マット・マニ

マハデバ・マット・マニ

PwC米国 プリンシパル

PwCおよびStrategy&でプラットフォーム変革の責任者を務める。共著にBeyond Digital: How Great Leaders Transform Their Organizations and Shape the Future, Harvard Business Review Press, 2021.(未訳)がある。

ブレア・シェパード

ブレア・シェパード

PwCネットワーク ストラテジー&リーダーシップ部門 グローバルリーダー

PwCネットワークのストラテジー&リーダーシップ部門でグローバルリーダーを務める。

かつてのリーダーは、偉大なビジョナリーか、偉大な実務家のどちらかだと考えられることが多かった。しかし、現代のリーダーには、その両方の役割を果たすことが求められている。そして多くの経営者が、一見すると逆説的な役割に応じることに苦戦している。本稿では、筆者らが調査した企業の経験をもとに、この要求を同時に満たすリーダーシップチームをいかに構築すべきかを解説する。
PDF論文:11ページ[約2,263KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない