2022年5月号

危機を乗り越える組織には英雄に頼らない文化がある

[インタビュー]紛争地域でのビジネスから得た知見

アリス・ラーファー

アリス・ラーファー

コミッテッド・トゥ・グッド 代表

ジョン E. キャソス

ジョン E. キャソス

アメリカン大学シャルジャ校 准教授

アラブ首長国連邦(UAE)にあるアメリカン大学シャルジャ校の准教授。専門は企業法、企業倫理、企業の社会的責任。クイーンズ大学ベルファスト校でリサーチアフィリエートも務める。研究者としては、学術書やメディア掲載記事のほか、企業の取締役会や国際組織向けのリポートも多数手がける。これまでにイラクやレバノン、キプロス、シリア、スリランカ、香港でフィールドワークを実施し、危機に見舞われた地域における企業経営に関して世界有数の研究者と目される。教育者としては、米国、欧州、中東、アフリカで学部生、大学院生、エグゼクティブを対象に、世界をよりよい方向に導く、より倫理的で持続可能な組織の経営法を教えている。

ジェイソン・ミクリアン

ジェイソン・ミクリアン

オスロ大学開発・環境センター シニアリサーチャー

企業経営や平和に関して多数の著作があり、バングラデシュやコロンビア、インド、コンゴ民主共和国でのフィールドワークに基づく論文で受賞歴を持つ。企業経営、平和構築、危機対応に関する世界的権威と目され、多くの企業や組織で取締役や専門家パネルの上級委員も務める。また、『ニューヨークタイムズ』紙やBBC、『フォーリンポリシー』誌、『エコノミスト』誌などの報道機関に寄稿するほか、専門家の立場からコメントも寄せている。スコット・カーニーとの共著書に、The Vortex: A True Story of History's Deadliest Storm, an Unspeakable War, and Liberation, HarperCollins, 2022.(未訳)がある。

パトリック L. マクレランド

パトリック L. マクレランド

アメリカン大学シャルジャ校 准教授

経営学科長および経営大学院プログラムのディレクターを務める。経営トップが組織に及ぼす影響評価を主題とする論文を発表している。教育者としては、米国、欧州、中東の大学生、大学院生、経営者を対象に、戦略的経営、国際ビジネス、コーポレートガバナンスについて教えている。また、この3地域において、公的機関や民間企業の顧問を務めている。

近年、危機的状況が頻発し、危機に向き合うことが常態化しつつある。しかし、あらかじめそのような事態に備え、切り抜けている企業は一握りにすぎない。アフガニスタンで設立され、ドバイに拠点を置く民間企業のコミッテッド・トゥ・グッド(CTG)は、人道支援コミュニティへの人材派遣やロジスティックス提供を行っている。本稿では同社代表アリス・ラーファーに、危機的状況下での仕事を通じて不確実性について学んだこと、そして危機管理リーダーシップをこれから学ぼうとする経営者にとって、それがどのように役立つかを聞く。
PDF論文:7ページ[約1,611KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない