2022年5月号

量子コンピューティングの現在と未来

ビジネスリーダーは「警戒」と「構想」を怠るな

ジョナサン・ルアン

ジョナサン・ルアン

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 講師

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクール・オブ・マネジメントのグローバル経済・経営グループの講師であり、MITデジタルエコノミーイニシアティブ(IDE)のリサーチサイエンティスト。

アンドリュー・マカフィー

アンドリュー・マカフィー

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント デジタルエコノミーイニシアティブ 共同設立者兼共同ディレクター

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクール・オブ・マネジメントのデジタルエコノミーイニシアティブ(IDE)共同設立者兼共同ディレクター。同校のプリンシパルリサーチサイエンティストも務める。

ウィリアム D. オリバー

ウィリアム D. オリバー

マサチューセッツ工科大学 教授

マサチューセッツ工科大学(MIT)の電気工学・コンピュータ科学・物理学教授であり、リンカーン研究所フェロー、MIT量子工学センター長、MIT電子工学研究所アソシエートディレクターも務める。同氏は、アマゾン ウェブ サービスや、グーグル、IBM、マイクロソフト、ザパタなどから研究支援を受けている。

量子コンピュータは、古典コンピュータに比べて、飛躍的な処理能力を持ち、低消費電力でもあることから、研究には莫大な資金が投じられ、民間企業の競争も激しくなっている。その実用化にはさまざまな課題があるともいわれるが、筆者らは、量子の時代は来ていると断言する。そしてこのイノベーションがもたらす影響について、経営者が理解しておくことの重要性を訴える。本稿では、そもそも量子コンピュータとは何か、そしてビジネスプロセスに適用できそうな量子アルゴリズムにはどんなものがあるかを解説し、経営者が考慮すべき観点を論じている。
PDF論文:12ページ[約2,892KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない