2004年11月号

組織能力の評価法

無形資産投資の出発点

デイビッド・ウルリッヒ

デイビッド・ウルリッヒ

ミシガン大学 教授

ノーム・スモールウッド

ノーム・スモールウッド

リザルツ・ベイスト・リーダーシップ 共同創業者

企業の体力や業績を長期的に左右するのは、カリスマ経営者や一握りのスター社員といった個人の力ではなく、その企業が身につけている「組織能力」である。しかし、ほとんどの企業がその体系的評価法を持っていない。本稿では、重要な11種類の組織能力を抽出し、個々にその評価ポイントについて解説する。厳密な定量評価はいらない。むしろ組織能力の重要性を組織的に認識する能度が求められている。

デイビッド・ウルリッヒミシガン大学 教授

ノーム・スモールウッドリザルツ・ベイスト・リーダーシップ 共同創業者

PDF論文:12ページ[約1,263KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない