2004年11月号

無形資産のROI

歪んだ株価、資源配分ミスを是正する

バルーク・レブ :ニューヨーク大学 レナード・N・スターン・ビジネススクール 教授

バルーク・レブ

ニューヨーク大学 レナード・N・スターン・ビジネススクール 教授

数々の調査が示すとおり、経営者も株式市場も無形資産投資の価値を正確に把握していない。ブランドやITへの投資、社員教育はもとより、R&D投資ですら、そうなのである。たいていの場合無形資産投資はコストとして処理される。しかし、収益を生み出す活動すべてが、無形資産投資を前提に成り立っており、このような会計処理は株価を歪めるだけでなく、誤った意思決定や資源配分を招く原因となっている。実際、過小評価や過大評価されている企業が多い。本稿は、無形資産の評価体系のあり方について、その基本フレームワークを提示する。

バルーク・レブニューヨーク大学 レナード・N・スターン・ビジネススクール 教授

PDF論文:10ページ[約887KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない