2004年11月号

ARPROモデルの活用法

最適資源配分をシミュレーションする

ジャクリーン S. トーマス

ジャクリーン S. トーマス

ノースウエスタン大学 准教授

ベルナー・ライナルツ

ベルナー・ライナルツ

INSEAD 准教授

V. クマー

V. クマー

コネチカット大学 経営大学院 教授

新規顧客の獲得率と既存顧客の継続率――。いずれもマーケティングの成果を測る金科玉条だが、実は大きな問題を抱えている。なかでも情報やデータに存在する「偏り」は最大の障害となる。本稿では、顧客の獲得・維持および収益性に関する統合的回帰分析法、「ARPRO」を紹介する。

ジャクリーン S. トーマスノースウエスタン大学 准教授

ベルナー・ライナルツINSEAD 准教授

V. クマーコネチカット大学 経営大学院 教授

PDF論文:11ページ[約1,166KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない