<PR>

2022.03.10

解約率を10%から3%に激減させたカスタマーサクセス実現の武器

SaaSなどサブスクリプションサービスの普及に伴って注目されているのが「継続的に自社製品やサービスを利用することで顧客に成功体験を得てもらう」、すなわち「カスタマーサクセス」という概念だ。ビジネスモデルが大きく変化する中で、企業にとってはいかに解約率を抑えて製品やサービスを利用し続けてもらうかがカギとなる。そのための画期的な方法を紹介する。

 企業向けにITサービスマネジメントなどのSaaSを提供するユニリタは、自社サービスの解約率が高まっていることに危機感を募らせていた。そこで独自のカスタマーサクセスプラットフォームを内製し、解約率を10%から3%に激減させることに成功した。同社では、この成功体験を基に開発されたカスタマーサクセスプラットフォームを企業向けに提供している。

 本資料では、ユニリタが自社サービスの解約率を劇的に改善させたカスタマーサクセスプラットフォームの四つの特長と導入企業の成功事例を紹介している。顧客データの一元管理はもちろん、施策のPDCAを回して次のアクションを提示してくれる機能も備えている。サービスの解約率増加に悩む企業にとっては必見の資料だ。

 

資料ダウンロードのご案内

解約防止とネガティブチャーンを達成する顧客管理!
〜LTV最大化のためのカスタマーサクセスプラットフォーム〜

・カスタマーサクセスとは?
・重要なのは顧客情報データベース
・Growwwingの概要と4つの特長
・導入企業の声と決め手、利用後の評価
・Growwwingが解決する4つの課題とその解決方法

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は株式会社ユニリタ(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
お問い合わせ

株式会社ユニリタ

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない