2022年4月号

企業の「伝統」を競争力に転換する方法

歴史や規模を弱みとしない

トーマス W. マルナイト

トーマス W. マルナイト

IMD 教授

スイスのローザンヌにあるIMDの教授。戦略論を担当。IMDビジネス・トランスフォーメーション・イニシアティブのファカルティディレクターも務める。共著書にReady? The 3Rs of Preparing Your Organization for the Future, Strategy Dynamics Global SA, 2013.(未訳)がある。

アイビー・ブッシュ

アイビー・ブッシュ

IMDビジネス・トランスフォーメーション・イニシアティブ アソシエートディレクター

クレイトン・クリステンセンは破壊的イノベーションの理論の中で、既存企業がいかにして自社の成功に溺れるかを解説し、それが戦略論の主流になった。企業の歴史や規模が資産と見なされたこともあったが、今日ではそれらは脆弱性と考えられている。しかし、ディスラプションを回避して、繁栄し続ける企業は多数存在する。本稿では、既存企業が競争力を維持し続けるための方法論を、具体例とともに提示する。伝統企業が積み上げた資産を競争力に転換し、競争優位をもたらす3つのケイパビリティについて解説する。
PDF論文:9ページ[約1,370KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない