2022年4月号

コマツは全員経営で危機を価値創造のチャンスに変えていく

[インタビュー]品質と信頼を追求し続けた100年

小川 啓之 :コマツ 代表取締役社長兼CEO

小川 啓之

コマツ 代表取締役社長兼CEO

1985年京都大学大学院修了後、コマツ入社。2004年コマツアメリカ・チャタヌガ工場長。2010年執行役員生産本部茨城工場長。2014年インドネシア総代表。2016年常務執行役員生産本部長。2018年取締役兼専務執行役員。2019年に現職。

製造業には大きな変化の波が押し寄せている。脱炭素対策に向けた電動化、人工知能を用いた自動運転技術、デジタル化に伴うビジネスモデルの刷新、そして中国の成長に伴う市場構造の変化などである。こうした変化に立ち向かってきた代表的な企業がグローバル建機メーカーのコマツだ。2021年に創立100周年を迎えたコマツは、これまでにも数多の危機を乗り越えてきた。その戦略は、ハーバード・ビジネス・スクールのケース教材にも数多く登場し、世界から注目を集めてきた。コマツの小川啓之代表取締役社長兼CEOに、戦略の本質について聞いた。
PDF論文:10ページ[約1,801KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない