<PR>

2022.02.28

コロナ後の「ネクストノーマル」を勝ち抜く。2022年に押さえるべき10のデータ戦略トレンドとは

最新のリアルデータを活用する「アクティブインテリジェンス」という手法をご存じだろうか。クラウドの膨大なデータを統合し、リアルタイムであらゆる情報を最適化し、効果的な意思決定を可能にするものだ。スピードを伴った大量のデータ活用が叫ばれる今、このアクティブインテリジェンスを意識した2022年におけるビジネスの最適解が分かる資料をご紹介する。

 膨大なデータ解析はもちろんのこと、例えば「最新のPOSデータをどの部署でも有効に使いたい」「リアルタイムで誰もが同じデータにアクセスし、最適解を導きたい」等の希望を持っている企業は多い。それができれば、時間や人材コストを大幅に短縮できるからだ。

 このような経営課題を、世界100ヵ国以上の地域で、クラウドデータの統合や最新の分析手法によって解決している企業がまとめた、2022年のデータ戦略トレンドを紹介する。コロナ後の「ネクストノーマル」時代を勝ち抜くために必要な10のデータ戦略トレンドがまとめられ、各項目には現状分析、アナリスト予測も付加。データ活用によって、成長を促進したい、組織の課題を解決したいと考えている企業には必読の資料だ。

資料ダウンロードのご案内

2022年の「ネクストノーマル」に備えよ 競争を勝ち抜く10のデータトレンド

<主な内容>
・77%の最高情報責任者は「ネクストノーマル」を目指している
・競争を勝ち抜く10のデータトレンド
・急速な変化に対応できる知識と行動力を得るには?
・最新のリアルタイムデータを活用する「アクティブインテリジェンス」 ほか

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報はクリックテック・ジャパン株式会社(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
お問い合わせ

クリックテック・ジャパン株式会社

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない