2022年3月号

リモートワークは福利厚生の一つではない

[インタビュー]企業はいまだに考え違いをしている

アン・ヘレン・ピーターセン

アン・ヘレン・ピーターセン

ジャーナリスト

チャーリー・ウォーゼル

チャーリー・ウォーゼル

ジャーナリスト

グレッチェン・ガベット

グレッチェン・ガベット

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

リモートワークとはただ実施すればよいだけ、あるいは働き方の一つとして追加すればよいだけという意識では、成功しない。現在、企業がオフィスに戻るかどうか、またどのように戻るかの議論がなされることも増えたが、この問題を考える際にも、仕事の目的やリモートワークについて、より大きな視点で考える必要がある。本稿では、リモートワークに対する従業員と雇用者の感情の間になぜミスマッチが生じるのか、テクノロジーはどのように使われ機能したのか、そしてなぜ自分の仕事との関係を見直すことがそれほど困難なのかという疑問に答え、これからの働き方を考える。
PDF論文:6ページ[約1,578KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない