2022年3月号

サプライチェーンのデジタル化をシンプルに進める方法

思いのほかコストも労力もかからない

デイビッド・シムチ=レビ

デイビッド・シムチ=レビ

マサチューセッツ工科大学 教授

マサチューセッツ工科大学(MIT)教授。環境工学を担当。MITデータサイエンスラボのディレクター、データ・システム・社会研究所のコアファカルティ、情報・意思決定システム研究所の主任研究員を兼ねる。

クリス・ティマーマンス

クリス・ティマーマンス

アクセンチュア シニアマネージングディレクター

サプライチェーン・アンド・オペレーションズの責任者を兼ねる。

ほとんどの経営幹部は、大企業のサプライチェーンをデジタル化すれば数千万ドルかかると思い込んでいる。部門間の壁を打破し、競争優位性をもたらす統合型サプライチェーンをつくり出すために、3~5年かけた大掛かりな取り組みを行わなければならないと考えている。しかし筆者らの調査では、数百万ドルの費用で12~24カ月かけてサプライチェーンを最新化すれば、大きな恩恵が得られることが証明されている。そのための5つのステップとサプライチェーン戦略の再構築に当たってのヒントを提示する。
PDF論文:10ページ[約2,175KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない